君と僕と世界のほとり

『君と僕と世界のほとり』
Phrase1 「ふたりぼっちクリスマス」

CAST INTERVIEW

Q1:収録を終えての感想をお願いします。

小野:過去と現在を交えつつの収録でしたが、最近何かと縁のある拓との収録だったという事もあってか、楽しくあっという間に終わったような印象でした。

八代:今回は歌の収録が先にあって、レコーディングの時に台詞を見ながら役作りができたので、今回のドラマCD収録はそれを踏まえて演じさせていただきました。曲もそうですが、やはり2人の恋路の甘酸っぱさは、演じていてとても心が動きました。

Q2:ご自身のキャラクターへの感想と、印象に残ったシーンなどがありましたら教えてください。

小野:演じさせて頂いた上川詠司くんは、色々な事をスマートにこなせる反面、本当に叶えたい願いはずっと内に秘めている、なかなか切ない子でした。そんな彼が、全力で気持ちをぶつけるシーンが特に印象に残っています。

八代:個人的にはなってしまうのですが、小学生時代のシーンは印象に残っています。なかなかやることがない小学生ということで最初はどぎまぎしましたが、このストーリーには過去の話が欠かせないので、精一杯やらせて頂いたので、印象にも残っています。

Q3:相手のキャラクターに対しての印象を教えてください。

小野:冬也は、まっすぐで素直。拓が演じる事で、その無邪気さに磨きがかかっていく感じがしました。でも、ちゃんと考えたり悩んだりもできる子で、だからこそストーリーが進むにつれて信頼関係をより深く感じられた気がします。

八代:詠司は落ち着いているように見えて意外と自分の気持ちに素直でそれを相手に示すので、最初はびっくりするんですけど、その中には小野さんが演じられているのもあり常に温かみがあるので、そういう意味では安心して体を預けられるキャラクターだなと思います。

Q4:今回はデュエットラブソングの歌唱もありましたが、レコーディングをしてみての感想をお願いします。

小野:楽曲、素敵!片思いソング、両思いソング、どちらも素敵でした。この楽曲たちを、ストーリーと併せて聴いた場合どうなるのか、楽しみです!

八代:個人的にバンドサウンドが好きで、耳に入りやすく、録っていて楽しかったです。このストーリーは曲に始まり曲で終わるので、意味合いの強い楽曲になっているので、気持ちを込めて歌わせていただきました。

Q5:最後に、楽しみにお待ちいただいているファンの皆様へのメッセージをお願いします。

小野:今回、拓と共に第1弾という形で出演させて頂きました。是非聴いていただき、いいな!と感じて頂けたら、2弾、3弾と楽しんで頂けると嬉しいです!

八代:この作品はすごく青春を感じるストーリーになっていて、自分の気持ちを考えながら伝えたり、行動に移したり、溢れたりと、心の動きが繊細に描かれているので、皆様にも是非そのあたりを楽しんでいただけたら嬉しいです!そして、シリーズ通してよろしくお願い致します!